Blog

クラブW杯から感じたこと

昨年末、クラブ世界一を決める大会「クラブワールドカップ」が、日本にて開催されました。ヨーロッパチャンピオンであるマンチェスター・ユナイテッド、南米チャンピオンのリガ・デ・キトら欧州・南米の強豪クラブのほか、アジアチャンピオンとして、一昨年の浦和レッズに続き、ガンバ大阪が出場しました。

ガンバ大阪は初戦を勝ち上がり、C・ロナウドやルーニーなど世界のスーパースター軍団、マンチェスター・ユナイテッドと準決勝にて対戦しました。皆さんも現地・テレビで観戦されたことと思います。

結果はご存知の通り、3-5で負けてしまいましたが、日本代表である遠藤らの活躍により、攻撃的にプレーできた場面も多く、クラブW杯史上、初めて欧州チャンピオンから得点を奪ったということもあり、よく戦ったというのが、各メディアで報道された評価だと思います。

確かに、良く戦ったということは間違いないと思いますし、防戦一方というより、より攻撃的な場面も多く、観ている側としては、面白い試合内容でした。

しかしその反面、世界トップレベルとの差を認めざる得ない内容だったのも、事実だと思います。

まず、相手がベストメンバーでなかったこと、そして何より衝撃的だったのが、ルーニーの2得点を含め、3失点した5分間。私たちの持ったかすかな希望が見事に打ち砕かれた瞬間でした…。

確かに、欧州王者から3得点取ったことは評価できますが、やはり勝負の世界。まして世界一をかけた真剣勝負において負けてしまったこと、レベルの差が歴然としていたことは、受け入れざる得ない現実だと思います。

私自身の個人的な感想としては、もちろん攻撃面で満足できるプレーも多かったと思いますが、守備面でのもろさという面においては、今後日本全体として取り組まなければいけない課題だと感じました。

しかしそれよりも、一番残念だったのが、試合後のユニホーム交換の瞬間でした。本当に真剣勝負で戦っていたのか?と疑問を持ってしまう光景が見られました。

ガンバ大阪の選手たちは、負けたことの悔しさよりも、マンチェスター相手でも自分たちなりの満足いく試合が出来たからなのか、笑顔でユニホーム交換をしている選手がほとんどでした。確かに、真剣勝負を戦ったもの同士、お互いの健闘をたたえあうことはとても大切なことだと思います。しかし、そういった部分とは異なる違和感をユニホーム交換では感じてしまいました。

逆に言えば、その後行われた決勝戦では、敗れたリガ・デ・キトのゴールキーパーは、試合後、ゴールポストに座り込み、泣き崩れていました。それを観て、南米と言えばブラジル・アルゼンチンが強豪だが、それらのクラブチームを負かして、エクアドルのクラブチーム代表、ひいては南米代表の誇りを持って戦っていたからこそ、そこまで悔しがるのだろうなと感じました。

それと比較すると、やはり「真剣勝負」という緊迫感が、試合後のガンバ大阪の選手たちの表情からあまり伺うことが出来なかったのは残念でした。(一番悔しそうな顔をしているのは、西野監督だったと感じました。)

「クラブワールドカップ」。その名のとおり、クラブチームの世界一を決める大会です。しかし日本ではまだ、開催国ということもあってか、世界一を決めるというよりイベント的な印象が否めないような気がします。

これは、メディアにも問題があると思います。試合中の実況の中でも、特に強調されているのが「欧州王者から初めて得点を奪った」「マンチェスターから3得点した」ことばかりで、5失点したということをどこか忘れさせるような印象を受けました。やはり、どこが評価でき、またどこが課題なのか?ということを、きちんと伝える必要性はあるような気がします。

このガンバ大阪戦の後、2002年W杯の日本代表監督であったトルシエ監督の印象的な言葉を思い出しました。
「日本人は、もっと守備の意識を持つべき。メディアも、1-0で勝っても満足しないが、3-5で負けても評価される。」
このように、1-0で勝っても、1点しか取れなかったという不満と、5点取られて負けてしまったが、よく3点取ったというような評価をされることがあるのだと思います。

実際には、どちらが大事なのでしょうか? 確かに、対戦相手のレベルなど一概にどちらが良いという結論を出すことは出来ませんが、いずれにしても、出来たことへの評価、出来なかったことへの課題意識というは、間違いなく必要で、今大会においても、日本の代表でありアジアの代表であるガンバ大阪が、何が出来て、何が出来なかったのかを冷静に分析し、今後の日本サッカー界がどのような方向性を目指していくのかを考えることがとても重要なのだと思います。

日本もJリーグの発足により、世の中にサッカーというスポーツが本当によく浸透したと思います。私の少年時代に比べれば、サッカーを身近に感じることができる環境になったと感じます。当時は、サッカー中継もほとんどなく、毎週土曜日の夕方放送される「ダイヤモンドサッカー」という番組が唯一世界のサッカーに触れられる時間でした。世界のサッカーを生で観れるのは、トヨタカップ(クラブW杯の前身大会)だけでしたし、W杯の放送も、夜中にテレビで観戦し、そのレベルの高いプレーに感動したものでした。ましてや、日本でW杯が開催されるなど夢にも思いませんでした。

しかし現在はJリーグをはじめ、テレビでも欧州を中心に、世界のサッカーの情報を簡単に手に入れることができる時代になりました。それはとても良い傾向だと思います。

これからは、世界のサッカーにもっと触れて、Jリーグがもっとレベルの高いリーグになるように、そして日本代表が世界のトップレベルに近づけるように、サッカーファンがよりサッカーを知っていく必要があると思います。

ブラジルには「ブラジル国民全員がブラジル代表監督」という言葉があります。本当にブラジル人は、よくサッカーを知っています。老若男女問わず、各個人が自分のひいきの選手やクラブ、そしてブラジル代表への意見を持っています。それも、どの選手がカッコイイとかそういう面だけではなく、良いプレーをした時、そして悪いプレーをした時の判断基準をそれぞれが持っています。日本のサッカーファンも、これからはマンチェスターに何点取ったかに一喜一憂するのではなく、どうやったら勝てるのか?を考えて、サッカーを観ていくと、また違った楽しみがあるのではないかと思います。

エストレーラFCの保護者の皆様にも、特に子供たちのサッカーを観戦する際には、このような視点でサッカーを観戦して頂ければと願います。

確かに、目の前に試合の勝ち負けは気になりますし、興奮してしまう部分も多分にあると思います。相手のプレー、自分の子供のプレーへのいらだち、そして審判のジャッジに対する不満。時に、声を荒げてしまう場面も…。

そのような場面に対して、子供たちへ「こう動け!」指示するのではなく、プレーの本質を見抜けるような眼を持っていただけばなぁという理想はあります。例えば、試合後のコーチと保護者の会話の中で「今日のA君のあの場面でのプレー、ミスしてしまったけど惜しかったですねぇ〜」というような会話ができることを、個人的には秘かに夢みております。

もちろん、簡単なことではありませんし、私自身もまだまだサッカーの奥深さというものを、日々学んでいるところであります。

でももし前述のような会話が、至るところでされている時代が来たとしたら、きっと日本のサッカーのレベルも上がっているでしょうし、日本サッカーの将来は明るいと思います。

そのためには、エストレーラFCも皆さんがサッカーに触れる時間をたくさんご用意し、微力ではありますが、日本サッカー発展のために、草の根レベルから貢献できればと考えております。
2009.01.23 Friday | - | -

北京五輪を観戦して…

2008年の一番のイベントと言えば、やはり「北京五輪」でしょう。水泳の北島康介選手そして女子ソフトボールでも金メダルを獲得し、日本中が沸きました。サッカー競技でも、なでしこジャパンがメダルには届きませんでしたが、確実に成長している結果を残し、その強化の成果を見ることが出来ました。

しかし、男子サッカーでは、前回のアテネ五輪に引き続き、残念ながら予選敗退という厳しい現実を突きつけられました。アテネでの反省を活かし、4年間強化してきたサッカー五輪代表でしたが、その結果を出すことが出来ず、逆に世界との差を見せつけられたように思いました。

特に、決勝戦のアルゼンチン対ナイジェリアの試合は、技術・体力面はもちろんの事、相手との駆け引きなど、フル代表の試合ともひけをとらない試合内容でした。身体能力を活かしたナイジェリア代表の攻撃に、ボールが無いところでの微妙な駆け引きで守備をするアルゼンチン代表。まさに、ハイレベルな戦いでした。

日本に足りないものとして、いつも挙げられるのが「決定力不足」。今大会でも、この言葉が重くのしかかります。日本人の特徴を活かした「人とボールが動くサッカー」を目指す反面、パスは回しているが、なかなかシュートが打てないというのが今の日本代表なのかもしれません。やはり世界の強豪と言われるチームは、攻撃に関しては、常にゴールに向かうプレーが繰り返されています。

この原因としてあるのが、「日本人のメンタリティー」と言われています。相手ゴール前で、積極的にシュートを打てば良いのに、隣にいる味方選手へパスし、チャンスを逃す場面をよく見かけます。これは小さい頃から、「自分」よりも「他人」、「シュート」よりも「パス」を選択するような環境にあることが原因のひとつと考えられます。

逆に、ブラジル人などは、毎日が生き残りをかけた競争で、自分をアピールしなければ、試合に出れない→クビになる→生活できない、という考え方があるので、いつも必死に自分のプレーを監督にアピールしています。前述のようなゴール前での場面でも、基本的にチャンスがあれば、自分で相手をかわし、ゴールを奪うというシーンをブラジルではよく見かけました。

日本のJリーグにおいても、得点王争いをしているのは、いつも外国人選手ばかりです。ブラジル人はいつも上位に位置し、優勝争いにも貢献しています。日本で無名な外国人選手でも、そのハングリー精神から日本代表クラスの攻撃選手よりも得点を取っています。シュート数においても、外国人の得点王の選手は、日本人で一番得点している選手の倍以上シュートを放っているというデータもあります。やはり、シュートを打たなければ得点は入りません。ゴールを目指したパス回し、攻撃が必要なのでしょう。

やはり世界との差を埋めるには、外国人との体格差を考慮すると、なるべく相手との接触を避けるために、日本人の特徴である器用さ・敏捷さを駆使して「人とボールが動くサッカー」が目指す方向性だと思います。ただ、現在の日本代表は、ただ単にパスを回しているだけで、攻撃の最終目的あるゴールを目指すという姿勢が足りないのではないでしょうか。

エストレーラFCの指導の現場でも、同様の問題は常についてまわります。私たちも指導の中で、最終的な目的はゴールを決めることであり、そのためにドリブルやパスを使うということを常に伝えていかなければなりません。確かに、シュートを打たなければ得点は生まれません。かと言って、何でもかんでもシュートすればいいのかというと、これも違うと思います。

やはり、子供たちの自由な発想の芽を摘み取らず、その中でドリブル・パス・シュート、どのプレーを選択すれば良いかという判断力を、小さい頃から身に付けていくことが大切なのだと思います。アルゼンチン代表のボールが無いところでの駆け引きのように…。そしてシュートに関しては、失敗を恐れずチャレンジできる環境を、私たち指導者はいつも提供しなくてはなりません。

このような指導は、なかなか難しいですが、やはり将来日本代表を夢見ている選手たちをお預かりしている以上、常に心がけて指導にあたらなければいけないと、あらためて再確認できた北京五輪でした。
2009.01.23 Friday | - | -

日本らしいサッカーとは?

2006年にドイツW杯で日本代表が予選敗退してから、「日本らしいサッカーとは?」という議論が多くされるようになりました。

Jリーグの開幕以降、欧州や南米の監督や選手を招き、日本人選手や指導者に多大なる影響を与え、それにより日々成長を遂げています。しかし、
その反面、欧州風、南米風といったような真似をしているだけで、日本人独自のサッカースタイルというのが見つけられず、またそれを見出し、実践していくことの重要性が語られるために、「日本らしいサッカーとは」ということが議論されているのだと思います。

日本代表監督を例に挙げると、オランダ人のオフト監督は、アイコンタクト、トライアングルなどサッカーの基本的な戦術をあらためて日本人に植えつけました。トルシエ監督は、個人の自由よりも規律を重んじ、組織サッカーを実現しました。ジーコ監督は、ブラジル人らしく「自由」を掲げて選手を率いましたが、W杯では思うような結果を残すことができませんでした。そして、ジーコ監督の後を受けたオシム監督は、日本人の良さを引き出し、「日本らしいサッカー」を確立するためのキーワードとして「考えて走るサッカー」を掲げました。

このようにそれぞれの出身や考え方の違いにより、監督のカラーは異なりますが、そもそも、日本人の良さとは何なのでしょうか?
外国人監督たちが日本人の長所として口にするのが、器用さ・俊敏性・持久力・協調性・真面目さです。

器用さについては、ほとんどの外国人監督は、日本人は技術水準は高いといいます。それは、欧州や南米のトップクラスの選手たちとひけをとらないと。これは、敏捷性や持久力に関しても同様です。

協調性については、自分勝手なことを嫌い、仲間との和を重んじる性格があると分析されます。

そして、真面目さについては、普通、海外の選手たちが嫌がるようなハードなフィジカルトレーニングなども、日本人は真剣に取り組み、与えられたメニューはすべてこなします。これは、名古屋グランパスエイトを率いていたベンゲル監督の著書の中で言われています。

こういう面に関しては、私も何度かブラジルへ足を運んだ際に、現地監督に次のようなことを言われました。

「日本人選手を守備的、ブラジル人を攻撃的ポジションに配置してチームを作り、リーグ戦に出てみないか? きっと良い結果が得られるはずだよ」と話していました。

これはどのようなことかというと、ブラジル人は皆さんのイメージからすると陽気でやや大雑把な性格であると思います。ですから、ブラジル人監督も、前述のハードなフィジカルトレーニングなどをブラジル人選手に課す場合に、真面目に取り組む選手が少なく、大変頭を悩ませます。それとは対照的に日本人は、そういったトレーニングをはじめ、ポジション的に忍耐力が必要な守備に関しても真面目に取り組むため、ブラジル人が苦手な守備を日本人に任せ、攻撃はブラジル人に任せればきっと良い結果が残せるという分析なのだと思います。

これは真面目な反面、自由な発想が少ないとも考えられます。ドイツW杯の直前、今は人生の旅に出てしまった中田英寿さんがテレビのインタビューで「トルシエ監督は、規律・組織を重んじ、ジーコ監督は個人の発想・自由を尊重していますが、どちらの方が日本人にあっていると思いますか?」という質問を受けていました。

これに対し、中田英寿さんは「現在の日本人選手に対しては、トルシエ監督のように規律や組織を重んじて、各選手の仕事を明確にしてもらった方が選手たちの能力が発揮されるかもしれない。ただ、将来日本が世界のトップレベルを目指すのであれば、それでは足りず、やはりジーコ監督がいうところの個人の自由な発想によるプレーができないと、世界との差は縮まらないだろう」と答えていました。

実際に、その後行われたW杯では、日本代表は自由な発想でのプレーを発揮することができず、予選敗退し、前述のインタビューを答えていた中田英寿さんはグランドに倒れこみ、日本と世界の差を痛切に感じていたのかもしれません。

私たちエストレーラFCのスタッフも、このような現実を胸にとめて指導にあたらなければならないと感じています。

やはり子供の頃から「自由な発想で自分で判断できる選手」を育てるためには、目先の勝敗のために、大人の考えを押し付けるのではなく、その瞬間瞬間で、それぞれの選手が自分の判断により、より良いプレーの選択ができるように指導に取り組まなければいけないのだと思います。

もちろん、選手も勝ちたいでしょうし、保護者の方たちも子供たちが勝って喜ぶ姿をみたいと思います。それは私たち指導者も同じです。

しかしだからと言って、選手たちの判断を奪うような言葉、例えば「何でも良いから前に蹴ってしまえ!」とか「サイドに出しておけ!」など、知らず知らずのうちに、このような言葉を選手たちに発してしまっている場面をよく見かけます。

私たち指導者も、時には同様な気持ちにかられることもありますが、やはり普段の練習の時から「試合では練習でやったことを試そう」と話していますから、それを選手たちが取り組むのを見守らなくてはいけません。

現在、エストレーラFCでは、保護者の方たちを中心に「ベテラーノクラス」といって、毎週日曜日の夜、サッカーやフットサルで汗を流しています。サッカー未経験の方がほとんどでしたが、毎週継続することにより、日々上達しています。そして、何より「自由に楽しくエキサイティングにプレー」しています。

やはり大人でも、「自由に自分の発想でプレー」することにより、サッカーやフットサルが楽しく、「またやろう!」という気持ちになり、サッカーにハマっていくのだと思います。

これは子供たちも同じです。大人の勝手な思い込みで、子供たちの判断を奪うのではなく、サッカーにハマっている子供たちの自由な発想によるプレーを暖かく見守り、応援して頂ければと思います。

きっとその延長が日本らしいサッカーの礎になるのだと思います。

微力ながら、エストレーラFCは、自由な発想ができる選手を育てていきたいと考えています。

「日本らしいサッカー」、簡単に答えのでるものではないのかもしれませんが、子供たちのサッカーを通じて、大人たちもサッカーを体験し、サッカーの奥深さを知っていくことが、その答えを見つける近道なのかもしれません。
2009.01.23 Friday | - | -

「コッパ・エストレーラ(親子サッカー大会)」について

さて、今回は、毎学期末に行っている「コッパ・エストレーラ(親子サッカー大会)」について少し書いてみたいと思います。
まず、「コッパ・エストレーラ」という名称についてですが、「コッパ」とは、ポルトガル語で、「カップ・杯」という意味があります。ですから、言い換えれば「エストレーラ・カップ」あるいは、「エストレーラ杯」とも言えます。

少し話しはそれますが、「ワールドカップ」をポルトガル語でいうと、「コッパ・ド・ムンド(「ド」は「〜の」、「ムンド」は「世界」)」と言います。また、サッカーのポジションで「ボランチ」というポジションがありますが、これもポルトガル語で、「ハンドル」という意味があります。つまり、チームの攻守にわたり活躍し、チームの舵取り役ということなのでしょう。

 話を元に戻しますが、「コッパ・エストレーラ」の開催目的は、「サッカー大会を通じて、選手同士、親子、親同士、クラブとの交流を深める」ということにあります。
私としては、一緒にサッカーをプレーして汗を流し、子供たちはもちろんの事、父母の方たちにも、サッカーをプレーする楽しさを感じ取ってもらえればと思っています。

でも、なぜ「サッカー」が世界で最も人気があるスポーツなのでしょう?

私が思うに、それはきっとボールひとつあれば気軽にできるスポーツであるということ、また、ルールが非常にシンプル(オフサイドなどもありますが、原則としては、自分のゴールを守り、相手ゴールにシュートするというルール)だということ、そして何より、手を使えず、比較的ににぶい足を使って、ボールを扱うということにあると思います。特に、父母の方たちには、子供たちが、なぜサッカーにのめり込んでいくのかということを、実際にプレーしてみて感じてもらえればと思っています。

サッカーの指導の現場も大きく変化してきており、私たちが小学生だった頃は、監督やコーチが、怒鳴りながら指導していることもよくありました。しかし現在は、それとは反対で、特に、少年サッカーの年代では、「サッカーを楽しむ」ことを第一にするべきと変わってきています。

日本サッカー協会でも、指導者の資格を設け、有資格者には、「指導ガイドライン」である小冊子やビデオを発行し、各年代でどのようなことを指導していくべきか、という方針を出しています。

また、そのガイドの中では、父母の過剰な応援などにも触れています。私自身、自分のお子さんを一生懸命応援するのは当たり前だと思いますし、その気持ちが時に、過剰な応援になってしまうこともあると思います。しかし、果たしてそれが本当に子供たちにとって、嬉しいことなのかどうかを私たち大人は考えなければいけないのだと思います。子供たちにとっては、夢中になっているサッカーを一緒にやってあげることが、子供たちへの一番の応援になるのではないかと私は思います。

エストレーラFCにとって、サッカークラブのイベントとして、親子サッカー大会を企画し、色々な人達が、一緒にサッカーをする機会を設け、サッカーの楽しさを知って頂くことが、「コッパ・エストレーラ」の最大の目的なのかもしれません。
2007.10.10 Wednesday | - | -

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.